ページ本文

本のあるカフェ『ALEC』の地域交流への取組み(和歌山県有田川町)

1.はじめに

 地域交流の場といえば、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?地域の方々のニーズに応えて、地域の方が気軽に集まれる場を提供し、さらには豊かなまちづくりに貢献することなどがあるのではないでしょうか。
 今回紹介する、有田川町に開館したALEC(アレック、有田川地域交流センター)は、珍しいコンセプトで作られた施設となっています。そこで、地域交流や憩いの場として活躍している当施設について、これから紹介していきたいと思います。

2.有田川町について

有田川町の位置

 有田川町は和歌山県中央部に位置し、平成18年に吉備町、金屋町、清水町が合併して誕生した町です。日本の棚田百選にも選ばれている『あらぎ島』や、有田みかん、ブドウ山椒などの特産品があり、町中央部には有田川が流れている自然豊かな町です。
 しかし、合併時には29,278人であった町内人口も、近年では27,376人(2015年5月現在)となっており、当町においても、全国と同様に人口減少や少子高齢化などが進んでいます。

3.ALECとは

ALEC内の中庭にあるウッドデッキ

 そのような状況の中、地域住民から図書館を作ってほしいと要望があり、さらに、利用者が限られている『普通』の図書館ではなく、地域交流ができる幅広い人が訪れる施設を作ろうとの声が上がりました。
 そして、「どのような施設なら多くの利用者が来館してくれるのか」と当町役場の検討会で話し合いを重ねていく中で、町内には、子供連れの親が平日の昼間に集まり、落ち着いて会話を楽しむ場が少ないことに気づきました。そこで、20~30代の子供連れの主婦層をターゲットに、地域の憩いの場となるような施設を目指すこととなり、平成21年4月にALECを設立しました。

館内に併設されているカフェ

 ALECは、落ち着いて「食事」も「会話」も楽しめる交流施設となっていますが、食事をしながら本を読むというと、貸出図書が汚れると批判があったり、会話といっても騒いで他の人に迷惑がかかると思われるかもしれません。しかし、貸出された図書は、家で当然のように食事をしながら読んでいる人もいます。それならALECでも食事をできるようにしようと考え、館内にはカフェを併設しました。このカフェでは、リーズナブルに食事も楽しめ、もちろん本を読むことができます。
 また、BGMとしてジャズ音楽が流れていることで、落ち着いた雰囲気が醸し出され、結果として、大声で騒ぐ人もいない、ゆったりとした空間を創り出すことができました。といっても、子供連れのファミリーをターゲットにしている以上、子供たちが元気に遊べるスペースも必要です。その点については、平屋建てにすることで開放的なスペースを確保し、親が目の届く範囲で子供が遊びまわれるように工夫しています。

コンシェルジュが作成する『ALEC通信』

 さらに、地域の交流の場となっているALECは、地域住民の方々が利用しやすい様々な機能も兼ね備えた施設となっています。
 まず、情報発信の機能として、ALECスタッフ自らが地域のコンシェルジュとして、有田川町のグルメ情報やイベント、歴史スポットなど様々な情報を紹介する『ALEC通信』を作成しています。分かりやすくまとめてあるので、地元の人でも意外と知らない地元の良さについて知ることができると評判です。
 また、町内の学校所管の図書はスペースが限られていることもあって、1万冊程度しか保管できないのですが、ALECでは16万冊もの取り扱いがあります。そこで、学校と図書館が連携して、町内の学校と図書館がそれぞれ保管している図書情報をデータベース化することで、どこからでも自由に図書を取り寄せ、効率的に図書を活用することができます。また、ALECでは、専門書より、雑誌や料理本、小説など多くの人が手に取りやすい図書を中心に取り揃えていることもあり、図書の年間平均貸出冊数も、全国平均の5冊を大幅に上回る13冊と大きな効果が出ています。
 さらには、定期イベントも数多く開催されています。毎月第3土曜には『手づくり市』というハンドメイドマーケットを開催しているほか、冬場はクリスマスコンサート、夏場には、『Bon de ALEC(ぼんであれっく)』という盆踊り祭りといったイベントの場としてもALECは活用されています。
 このように、ALECのコンセプトにもなっている「本のあるカフェ」としての空間を実現することで、それぞれのスタイルで本を楽しめる施設として利用者の心をつかむとともに、地域交流の場としての様々な取組みを行ったことで、開館以降、毎月1万人以上が来館しています。これは、町民の約3人に1人が利用していることになります。また、町外からの利用者も多く、近隣地域からの交流人口の増加にもつながっています。

ALEC内観

広々とした空間で漫画も取り扱っています

4.さいごに

 このように、ALECは、町内の様々な情報発信、町内の学校との連携、さらには様々なイベントを開催するなど、型にとらわれない活動をすることで、町内外の人々が集まる憩いの場を提供してきました。今後も『まちづくり』の発展に貢献し、地域交流の場として有田川町のランドマークとなることを目指しています。
 このように、地域交流に一役買っているALECにあなたも一度訪れてみませんか。

ALEC外観

ALEC外観

【関係先リンク】有田川Library: http://www.town.aridagawa.lg.jp/library/top.html

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader