ページ本文

国有地売却等の手続と情報提供の流れ

 国有財産の管理処分に当たっては、公用・公共用優先の考え方を原則とし、地方公共団体等からの要望を優先します。
 公用・公共用の要望を3か月間受付けた結果、取得等要望もなく、売却が適当なものについては、一般競争入札により売却しています。  「一般競争入札の実施スケジュール(年間)

 入札に付しても落札に至らなかった物件は、すぐに購入できるものとし先着順による売却を行います。
 なお、未利用国有地が売却されるまでの間は、維持管理費用の削減や土地の有効利用を図るため、一時的な貸付を行っています。
 ※国有財産には、更地、建物付き、山林、農地、マンション等があります。

 実際の物件の売却等に際しては、次のような情報提供を行っています。

広報の流れ

公的利用

今後売払等を予定している物件

公用・公共用の取得等要望を受け付ける物件

売却

今後入札を予定している物件

国有財産売却情報誌

次回入札で入札予定の物件

入札公示中の物件

すぐに購入できる物件

一時貸付の要望を受け付ける物件

現在公示中の一時貸付入札物件

現在、入札中の物件はありません。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader