ページ本文

金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム

 金融庁と近畿財務局では、国民一人一人が社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていくために金融リテラシーを身に付けるためのシンポジウムを共同で開催しました。

開催概要

日時  平成25年12月17日(火) 13時30分~16時10分
内容  第1部 基調講演「NISAの基礎知識と活用方法」
                 講師:古徳 佳枝
            (金融経済インストラクター、東京家政学院大学講師)
 第2部 基調講演「金融経済教育の重要性について」
         講師:神戸 孝
            (FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社代表取締役、日本FP協会理事、
              金融庁金融経済教育懇談会委員、金融経済教育研究会メンバーほか)
       説明「金融経済教育の推進に向けた取組み状況について」
        説明者:外 昌弘
            (金融広報中央委員会事務局企画役)
 第3部 説明「投資詐欺にあわないための注意点について」
          説明者:樽川 流
            (近畿財務局理財部金融監督官)
場所   大阪国際交流センター 2階大会議室さくら
参加者  一般応募者 134名
主催   金融庁・近畿財務局
後援   内閣府・消費者庁・文部科学省・金融広報中央委員会・大阪府・大阪市・大阪府金融広報委員会
















 

シンポジウムの模様

【第1部基調講演の模様】 
古徳佳枝氏から、「NISAの基礎知識と活用方法」と題して平成26年1月から開始したNISAの制度概要や利用する上での注意点について、網羅的に分かりやすく講演していただきました。

【第2部基調講演の模様】
神戸孝氏から、「金融経済教育の重要性」と題して、平成25年4月に公表された「金融経済教育研究会報告書」の内容を踏まえ、金融リテラシーを身に付ける必要性や投資の考え方について、事例を交えながら分かりやすく講演していただきました。

【第2部説明の模様】
金融広報中央委員会事務局から、「金融経済教育の推進に向けた取組み状況について」と題して、今後金融経済教育を推進していく上での、関係機関の役割や重要性について説明いただきました。

【第3部説明の模様】
近畿財務局から、「投資詐欺にあわないための注意点について」と題して、最近の犯罪手口等の事例を挙げて、説明を行いました。

第1部基調講演の模様  第2部基調講演の模様
 【第1部基調講演の模様】        【第2部基調講演の模様】


第2部説明の模様  第3部説明の模様
 【第2部説明の模様】           【第3部説明の模様】

シンポジウムアンケート結果

1.年齢構成

アンケート結果グラフ(1.回答者の年齢構成)

2.本シンポジウム全体の印象について

アンケート結果グラフ(2.本シンポジウム全体の印象について)

3.本シンポジウムの内容について理解できたか

アンケート結果グラフ(3.本シンポジウムの内容について理解できたか)

4.本シンポジウムに参加して、「金融経済知識習得の必要性」を感じたか

アンケート結果グラフ(4.本シンポジウムに参加して、「金融経済知識習得の必要性」を感じたか)

5.ご意見・ご感想

○主なご意見・ご感想は以下の通りです。  

・ NISAの内容、ライフプランに基づいた運用の重要性を確認できた。  
・ 今後の人生での資産運用の必要性を感じ、その手段としてNISAを活用できるということで、実際に投資してみようと思った。
・ 楽しみながら聞けた。将来の設計プランは実感をもってわかった。
・ 自分のゴールを明確にした上で資産運用を考えることがよく理解できた。楽しく生活するためにお金の運用を勉強したいと思った。
・ 豊かに生活していくためには金融リテラシーが不可欠だと感じたが、それをどうやって身に付けていくのかが課題とも感じた。
・ 自己責任で金融経済活動に対応していかなければならない。そのためにも金融経済教育は重要であると感じた。
・ 子供たちに金融リテラシーの教育を取り入れる大切さが分かった。
・ 近代の金融行政の歴史や今後の金融経済の流れなどについて、もう少し触れていただけるとなお有り難かった。

他にも多数のご意見・ご感想をいただきました。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader