ページ本文

平成24年度 地域密着型金融に関する取組みへの顕彰について

平成25年4月4日
近畿財務局

 

   近畿財務局では、地域密着型金融に関する「特に先進的な取組み」や「広く実践されることが望ましい取組み」を行っている管内の地域金融機関に対し、顕彰を実施しました。
   顕彰の対象については、中長期的な視点に立った組織全体としての継続的な取組みを選定しております。

1.顕彰日

  • 神戸信用金庫   平成25年3月19日(火)
  • 京都銀行      平成25年3月21日(木)
  • 但馬信用金庫   平成25年3月28日(木)

 

    近畿財務局長が各金融機関を訪問し、顕彰を実施しました。 

2.顕彰対象の金融機関・取組みのテーマ・顕彰の理由

金融機関 取組みのテーマ 顕彰の理由
京都銀行 「京銀活き活きベンチャー支援ネットワーク」等を活用した課題解決支援について  公的支援機関・専門機関・大学等と設立した支援ネットワークや自ら組成したベンチャーファンドの活用により、中小企業の創業・新事業支援に取組む。また、中小企業の技術等を大手企業のニーズとより的確にマッチングさせる個別商談会を開催するなど中小企業の経営安定・成長発展の支援に取組む。
神戸信用金庫 外部機関と連携した取引先サポート支援について  専務理事等の経営陣により構成される取引先サポート委員会を設置し、公益財団法人神戸市産業振興財団や神戸市立工業高等専門学校等の外部機関とも連携しながら取引先からの多様な経営相談に取組む。
但馬信用金庫 湯村温泉及び周辺地域観光活性化研究事業への取組みについて  過疎化が進む但馬地区西部の面的再生のため、隣県の信用金庫及び信金中央金庫等と連携しながら当地域の活性化プロジェクトを立ち上げ、地域振興支援に粘り強く取組む。

※各金融機関の「取組みのテーマ」をクリックすると、取組みの概要がご覧いただけます。

      【お問合せ先】近畿財務局 理財部 金融調整官(TEL 06-6949-6521)