ページ本文

みなと銀行、関西アーバン銀行及び近畿大阪銀行の経営統合に関する基本合意について

近畿財務局長談話
-みなと銀行、関西アーバン銀行及び近畿大阪銀行の経営統合に関する基本合意について-

 
1.本日、株式会社みなと銀行、株式会社関西アーバン銀行及び株式会社近畿大阪銀行(以下、「3行」という。)から、経営統合(注)に向け協議・検討を進めていくことについて合意した旨の報告を受けた。

(注)平成30年4月を目処として、株式会社りそなホールディングスの傘下に中間持株会社を設立し、3行が完全子会社となる持株会社方式による統合を企図。

2.3行からは、この経営統合によって、様々な事業環境変化に適合する新たなビジネスモデルを構築し、これまで以上に地域経済の発展に寄与したい、と聞いている。
  
3.当局としては、今後、3行が経営統合により経営基盤を強化しつつ、地域において顧客本位の良質な金融サービスを提供し、顧客の生産性向上や資産形成を助け、地域経済の発展に一層貢献していくことを期待している。

 

本ページに関するお問い合わせ先

近畿財務局理財部
金融監督第1課
電話06-6949-6369

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader