ページ本文

悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置

ヤミ金等悪質業者による預金口座の不正利用に関する情報受付窓口を開設しました

- ヤミ金等悪質業者による不正な預金口座の利用をなくすために -

 ヤミ金融業者等が預金口座を利用して違法な取立てを行ったり、架空請求を送り付け金融機関の預金口座に振込みを請求するなど、預金口座を利用した悪質な事例が多発しています。このような問題に対して、近畿財務局が預金口座の不正利用に関する情報提供を受けた場合には、明らかに信憑性を欠くと認められる場合を除き、当該口座が開設されている金融機関及び警察当局へ情報提供を速やかに実施します。

 なお、原則として顕名情報(情報提供者の氏名、連絡先を明らかにした情報)とします。

情報を送付する際には、以下の点についてご注意下さい。

(情報提供に際しては、お手数ですが、当局様式〔※〕をご利用ください。なお、提供された情報につきまして記載事項が欠けている場合は、受付けできない場合がありますのでご留意願います。)

〔※〕様式はこちらからダウンロードできます。
(ファイルを開くときにセキュリティ情報が表示されることがありますが、「マクロを有効にする」をクリックして開いてください。)

記載要領

  • 口座に関する情報について
     金融機関及び警察当局に情報を提供するにあたっては、「口座に関する情報」欄(※印の欄)が必要ですので、必ず金融機関名、本・支店名、口座番号、口座名義人を記入してください。
     
  • 「情報提供に関する同意の有無」欄について
     金融機関及び警察当局に情報を提供して差し支えない場合は、必ずチェック欄の該当箇所にV印を記入してください。(V印の記入がない場合には、金融機関及び警察当局への情報提供ができません。)
     
  • 「情報提供者区分」欄について
     情報提供されるあなたの区分をチェック欄の該当箇所にV印を記入してください。
     
  • 「情報提供者」欄について
     情報提供されるあなたの氏名(名称)、住所、電話番号を記入してください。また、情報提供先への匿名を希望されるか否かについて、「情報提供者の情報の提供について」欄の該当箇所にV印を記入してください。(「情報提供可」欄にV印がある場合のみ、情報提供先へ氏名等を通知します。)
     
  • 「申出人(被害者)」欄について
     情報提供者と申出人(被害者)が相違する場合は、申出人(被害者)の氏名を記入してください。また、情報提供先への匿名を希望されるか否かについて、「申出人氏名の提供について」欄の該当箇所にV印を記入してください。(「情報提供可」欄にV印がある場合のみ、情報提供先へ氏名等を通知します。)
     
  • 「資料の有無」欄について
     請求書等根拠資料がお手許にあるかどうかについて、チェック欄の該当箇所にV印を記入したうえ、資料がある場合は、資料も一緒に送付してください。
     
  • 「業者名」欄について
     業者名等が分かっている場合は、業者名、住所、電話番号を記入してください。また、「参考」欄には、登録番号、担当者名等の参考となる事項を記入してください。
     
  • 「情報区分」欄について
     被害の状況について、チェック欄の該当箇所にV印を記入してください。
     
  • 「概要」欄について
     被害の状況について、具体的な不正取引の内容(手口、借入金額、支払金額、請求金額、借入期間、取立行為等)を記入してください。
     
  • 「警察への連絡」欄について
     ご自身において既に警察当局へ通報された又は通報される場合は、年月日、警察名、電話番号を記入してください。
     受付けた情報に関する照会や相談には応じることは出来ませんので、予めご承知おきください(苦情相談については、各金融関係団体に相談窓口が設置されておりますので、そちらにお問い合わせください)。

情報は次の電子メール、ファックス、郵送等で受付けています。

※必ず上記注意書きをご確認のうえ、送付してください。

【住所】 〒540-8550 大阪市中央区大手前4丁目1番76号
          (大阪合同庁舎第4号館)近畿財務局 きんざい金融ホットライン
【FAX】 06-6949-6790
【電子メール】

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader