ページ本文

近畿財務局長談話「大阪信用金庫と南大阪信用金庫の合併に関する基本合意について」

  1. 本日、大阪信用金庫と南大阪信用金庫より、平成16年10月を目処に対等合併することについて合意した旨の報告を受けた。
     
  2. 両信用金庫からは、厳しい経済環境の中、より一層の顧客に対する利便性の向上と地域経済の活性化を短期間で、かつ効果的に実現するために、大阪市から大阪府下南部を地盤とする営業エリアを広域ネット化することにより、強固な経営基盤を構築する必要があるとの共通認識を持つに至り、対等の立場で合併することを決意したと聞いている。
     
  3. 当局としては、今後合併に向けた作業が円滑に行われるとともに、当該合併により、経営資源の有効活用や効率化を通じ収益力の強化が図られ、盤石な経営基盤が確立されることを期待している。

    併せて、これにより、利用者利便の向上や地域における円滑な資金供給を通じ、地域経済の活性化に積極的に貢献されることを期待したい。

本ページに関するお問い合わせ先

近畿財務局理財部金融監督第2課
増永、志田
(電話)06-6949-6370

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader