ページ本文

平成19年度 取りまとめ結果

近畿財務局

  • 「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」において、「全体の取組み状況を総合的に把握するために、年1回、各銀行に取組み状況の報告を求め、決算期において開示を要請する主要計数等とあわせ、その実績を総合的にとりまとめ、公表するものとする。」としています。
     
  • 近畿財務局管内の各金融機関の平成19年度における主な取組み状況等については、別添のとおりです。
    (参考)対象:近畿管内66金融機関(平成20年3月末現在)
         地方銀行   : 8
         第二地方銀行: 4
         信用金庫   :32
         信用組合   :22
     
  • また、利用者等の評価については、金融機関の利用者(商工関係者、消費者等)及び商工会議所等の経営相談員計101名(昨年度は99名)より意見聴取した利用者アンケート(注)の結果をとりまとめたものです。

    (注)「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」において、地域密着型金融の推進にあたり、「利用者側の声を把握するための調査を年1回実施し、結果をとりまとめ、公表するものとする。」としております。本年2~4月にかけて本利用者アンケートを実施し、金融機関の各施策の取組みに対する評価や、今後期待する金融機関の取組みについて聞き取り調査を実施しました。 
※一部の計数について訂正の連絡を受けたことに伴い、グラフ等所要の修正を行いました。

本ページに関するお問い合わせ先

金融調整官
電話 06-6949-6521

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader